社内SEのヒトリゴト

社内SEのヒトリゴトです。

【Outlook】添付したExcelを開いて編集してたんだけど消してしまった…。しかも元のファイルも削除してしまった!

社内SEをやっていると、思わず「マジで?」と呟いてしまいそうな問合せも時にはあります。そんな珍問合せの一つをご紹介したいと思います。

f:id:lksdsw:20150227134646p:plain

どんなときでも「全てのユーザーヘルプに面倒くさがらずに対応する」というポリシーですので、笑顔で対応します。(たまに不機嫌なときもあります。人間だもの)

 もう一度よく話を聞いてみました。

  • お客様からのメールの添付Excelファイルを開き作業をしていた。
  • 一旦デスクトップに保存、返信するため作成中のOutlookメールに添付した
  • デスクトップのファイルはもう使わないと削除してしまった。
  • 添付したExcelを開いて1時間ほど作業をしていたが…
  • 添付したファイルも誤って削除してしまった。

⇒「マジで?」完成。


ユーザーからすれば、ゴミ箱にも見当たらないし、1時間もかけて作った超大作がパーになる事態ですので、何とかしてあげたいと思います。

結論から言うと、慌てる必要はないし、簡単に探すことができます。
(以下、Windows7/Outlook2010の前提で説明しています)

 

ちょっとITに詳しい人ならば、「Temporaryファイルとしてどこかに保存されているんじゃなかろうか?」とピンとくるかもしれません。


すみませんその通りです。

ただ、そのフォルダの場所をいちいち覚えておくのも面倒だし、パスを打つのも面倒だし、順番にパスを辿って行くのも面倒です。
こんなとき、私は以下のように確認しています。

  1. なんでもよいので、Outlookに添付してあるExcelファイルを開きます。
    新たに添付したものでもよいし、過去に受信した適当な添付でもOKです。
    (WordやPowerPointでもOK)

    f:id:lksdsw:20150227142221p:plain

  2. 「ファイル」を開き、「電子メールの添付ファイル」に表示されているフォルダのパスをコピー

    f:id:lksdsw:20150227163729p:plain

  3. 適当なエクスプローラーを開き、アドレスバーにパスを貼り付けます。すると、添付ファイルの一時保存先を開くことができます。

    f:id:lksdsw:20150227205646p:plain

このように、添付ファイルが保存される場所を表示することができます。
(上の図だと添付したもの自体を探しにいっていますが、近い所にいるはずです)


Outlookに添付した瞬間に、PCのどこかに一時保存されているというわけですね。
以上はその手順を手っ取り早く確認する手段というわけでした。

※ちなみに、どんどんゴミが溜まる場所でもありますので、上記の場所を定期的にクリアしてあげるとよいと思います。

 

作業は添付する前に、そして定期的に上書き保存するクセを付けておきましょう!
(休憩する前に必ずCtrl +S を押すとか。笑)